確かに私が存在した証

発達障害、精神疾患、虐待サバイバー持ちでディズニーと嵐が生きがいの日常

誰か、殺して

昨日のzero、アラームかけて起きて、いつも通り「こんばんは」ってTVに向かってお辞儀して、でもその後やっぱり無理で、気付いたら次の番組始まってて、私、余程のことが無い限りzeroだけは、絶対にリアタイするって決めてて、なのに今年、全然守れてなくて、ごめん、ごめんなさい。誰に謝ってるかも分からないけど、ただの自己満足でしか無いけれど、ごめんなさい。

 

5回目の配送トラブルで、いい加減どこかにちゃんと相談するべきだと思って、以前にも何度か電話してたけど繋がらなかった管理会社に昨日ようやく繋がって、家まで来てくれて、恐らく隣人が在宅してたから、車で話させてもらって、電話が繋がらなかった件は話さなかったけど、どうやら話の流れからすると、コロナで引越し自体は減ってるけどそれでも年度末だから3月は忙しかったみたいで、男性だったけど普通に良い人で、とりあえず配送トラブルの件は、集合ポストの投函口にテープを貼って、玄関ポストにしか入れられないように対策して、取られないようにしてくれるみたいで、有り難くて、隣人の件は、どうしたいか聞かれて、正直、自分が引っ越す以外の手段しか思いつかないって言って、例え隣人が引っ越したとしても、嫌な思い出は残るからって、でも、配送トラブルにしても、隣人の下着ドロに関しても、証拠がなくて、それでもとりあえず然るべきところと、生活保護のCWさんに相談することになって、管理会社の方で空いてる家があるって、でも生活保護の住宅費の範囲は超えてて、そもそも千葉時代のCWさんから、引越し費用の捻出は一度しか使えないって言われてて、でも家の初期費用なんて払えるはずもなくて、ただ物を運ぶだけでも、今の家に長く住むつもりだったし、大きい物がいくつかあって、そもそも洗濯機とか冷蔵庫とか、やっぱりそれなりに高くて。

 

都営住宅を改めて調べたら5月に募集があって、でもどうしても単身者だと、収入がそれなりにあるor無いなら都営住宅一択で、それには都内在住3年以上が必須条件で、千葉時代にも考えたけど、そう言う所は融通が効かなくて、相談しようにもとりあえずは生活保護で相談しなきゃいけなくて、さっき電話したら担当者が午後からで不在で、なんならほんの数分前に玄関チャイムが鳴って、でも宅配の人なら言ってくれるから、それ以外は出たくなくて、少し経って玄関ポスト覗いたらそれこそ生活保護のCWさんが変わるから新しい方が挨拶に来たって件で、見てすぐ付近にいないか確かめたけどどうにもならなくて、タイミング悪くて、厄介ごとが増えて、もう、どうしたらいいのか分からない。

 

私、何したんだろう。

クラス中でハブにするようないじめはしたし、万引きもした。母や姉の財布からお金盗んだこともあるし、家の食べ物勝手に食べたりして、それで2人から今度は自分がハブにされたり、泥棒って呼ばれ続けたり、家の鍵取られて入れなくさせられるようになったり、鎖かけて一晩中入れなくさせられたり、ご飯作らないようになったり、首絞められる殺害未遂だって、包丁突きつけられたのだって、髪引っ張られて家から追い出されたのだって、話なんてまともに聞いて貰えなくって、友だちのことも悩みのことも進路のことも相談できなくて、お前を殺したら姉に迷惑がかかるって児相から止められたって、姉の為にお前を殺さないでいるって、結局は泥棒したことが原因で、だからこそ沖縄にいた時、ある日突然閉じ込めてたトラウマが溶け出して涙が溢れて止まらなくなった感情の中には母や姉に対する罪悪感が強くて、大阪に戻って働けなくなって、お金がなくて、クレジットカード4枚作ってキャッシングで仕事が続かないから返せなくて借金増えて家賃も払えなくて、結局母に頼るしかなくて、母もお金無くて、色々な人に頭下げて回って、母とのメールのやりとりの中で自分は鬱かもしれないって言ったらお前がそんなものに罹るわけないって言われて、お前が今金をせびるのは仕返しなのかって、家の保証人になってたから保証会社からの取り立てが母に行って、もう追い出されることになった時、保証会社から、母はもう限界なんですって泣きながら電話で訴えてきてたって、家に戻ればって保証会社から言われて、だけどやっぱり怖くて、家どころか地元も行くのも未だに怖くなって、どうしようもなくて区役所に相談して、生活保護受給することになって、そこで初めて精神科に行って診断受けて、クレジットカードの借金利子が膨れ上がって80万の自己破産して、確かに母にお金は借りたけど姉は習い事させてもらったり、学生の頃に入院と手術したり、車の免許取ったり、専門学校通ったり、一旦家出た時の引っ越し代とか、その時に付き添ってもらったとか、そういうの母が出してて、私が母に借りたお金ってそこに満たないはずで、姉も返してるとは思うけど一方的に責められるのは違うと思ったけどやっぱり罪悪感は強くて、数年前に名古屋でLiveやってる時にその力を借りて、友人にも付き添ってもらって家の鍵を返して、手紙書いて、幼少期とか構って欲しかったとか、先日入院と手術をしたとか、精神科に通院してるとか、仕返ししたくてお金を借りたわけじゃないって、本当はお金返せたら良かったけど今もこの先も返せるアテが無くて申し訳ないって、でもやっぱり貴方たちに会うのは怖いって、これで縁を切らせて欲しいって、姉にも申し訳ないと手紙を書いて、母が家事放棄をした時に姉がバイト代でパン買ってくれたりとか、テレビ見させて貰えなかった頃に流行ってたアニメとか借りてくれて、ありがとうって、母にもありがとう、だけど、ごめんなさい、この先関わらないことがお互いの為だって、そんな内容で、それ以降もやっぱりトラウマが付き纏って、自分が1番分からない状態でただただ仕事が続かなくて、生活保護から抜け出せなくて、母が保証人となった大阪の家が辛くて、ディズニーでなら働けると思って、給付金でどうにか引っ越して、でも騒音とか水が飲めないとか酷くて引っ越して、今の家だってそれなりに音は響くし、頼りのバス停は不便だし、それでも長く住める環境だと思ったのに、意味も分からず配送トラブルは続くし、まさか隣人が自分の下着を盗んでる現場を見る羽目になるとは思いもしなかったし、結局悪化してるし、薬の種類は減ったけど量は増えてく一方なのに効果も無くて、引っ越す宛ももう無くて、働ける状態になるとは思えなくて、男性への恐怖心がどこかで増してて、ブログに愚痴を書けば恐らく知り合いだろう内容で益々人が信用できなくて、度々胸はやっぱり息苦しくなって、社会になんの貢献もできてなくて、死ぬしか無いとは思いつつもどこかでやっぱり怖くて、首吊りどころか絞められた麻紐は見るだけで怖くて、マフラーは勿論巻けなくて、タートルネックも余程緩くないとダメで、ネックレスもチェーンが短いのはどうしても喉が詰まって、首吊りだけはどうしても拒否反応が出るはずで、誰かのトラウマにはなりたくないから海への飛び込みが1番だと考えたけどそこまで行くのすら考えただけで億劫で、だからと言って家で自殺したら管理会社の人いい人だったから迷惑かけられなくて、いっそ隣人宅に乗り込んだら殺してもらえるかなって考えて、殺してもらえるなら臓器提供も出来そうで。

 

だから、誰か、殺してください。