確かに私が存在した証

発達障害、精神疾患、虐待サバイバー持ちでディズニーと嵐が生きがいの日常

『かもしれない未来』

さてと。昨日はひたすら大号泣していました。そしてTwitterに書き殴った。死にたい、けど死ねない。死ぬのは怖い。死にたいは生きたい。殺してほしい。いや、それを誰かに委ねることすら傲慢だ。…ってことで、病死を目指すという結論に至った。と言うのも、元々脳貧血…起立性低血圧になりやすかったり、高校生だったと思うが記憶は曖昧だからそこは適当として、とりあえずその日、私は何かを母と姉に責められていた。いつものように外に出されるとか、物を投げてくるとかでなく、ひたすら言葉で責め立てる。その際に、一瞬だけど私の心臓が止まったような感覚がした。一瞬とは言え思わず胸を押さえた。その変化に2人は気付いてすらいなかった。原因は明らかだ、ストレス。負荷がかかりすぎたのだろう。その時直感が働いた。私の死因は心臓病だろう、と。事実、その一瞬こそ無いけれど、謎の胸痛がここ何年か発生している。併せて、久々の過呼吸離人症。まあ、その内勝手に止まるのだろう。歳を重ねるごとに鬱は長く続くし、薬も効かない。そんなだから運動不足は増してるし、明らかここ数ヶ月で太った。動脈硬化のような症状も過去に経験してる。キッカケは山ほどある。

 

とりあえずTwitterで長々と書いたことをブログでも書こうと思ったのだけど、その前にもう少し。今日の夢は、昔の縁を切られた相方と過ごす夢と、もうひとつは翔ちゃんが出てきた。シチュエーションは余り覚えてないけれど、とりあえず、何か質問していいと言われて、私はすぐさま「夜会のTwitterって書いてるの?」と訊いた。確かに気にはなっている。何故か「全部」と返答がきたが、明らかに違うと思っている。あるとしたら苔くらいかなぁ…嵐のアカウントで呟けばいいのに。他は怪しい。本人がプラベで全く絵文字を使わないとまでは言わないけれど、少なくとも見た事がない。顔文字はあったけど。多分、精々‼️とかだろうと思う。あとスタンプ(群馬のスタンプを持ってる話は聞いたことがある、誰だっけかその人相手にしかつかってないみたいだけども)かなー。

さて、本題はじめます。Twitterに加えて補足入れたり、誤字直したりはした。

 

今ならWAIS-Ⅲで問われた「戦争と平和の共通点」(補足:実際の答えは、どちらも二時熟語であるとかそのレベルで良いらしいが、私は本気で悩み時間切れ。それ以降もずっと模索していた)に答えを出せる。「どちらも同じもの」だ。同じなんだ、この2つは。少なくともこの国は、日本は、平和では無い。震災やコロナはそれを実感させる為に在った。だが、それでも尚この国の人々の多くは、平和ボケしている。この国が平和だと思って過ごしている。

 

事実、未だに生活保護精神疾患に偏見を持ち否定する者、他人に対して冗談だとしても死ねだの殺すだの暴言を吐く者、女性が下着を外に干すことが非常識だと言う者、それが出来るということは、その者の人生が平和だからだ。震災もコロナも日々の事件も、全てを『他人事』だと感じて過ごしているからだ。自分には関係が無い、無縁であると思っているから否定するのだ。

 

いい加減、それが事実であると認めろ。現実で、日本で、自分の住む国で起きていることだと認めろ。メディアが間違っているだろう部分は、現実に起きている事件を報道しないことだ。事件の加害者がどんな理由で罪を犯したかを伝えない。どうして自殺をしたかを正しく伝えない。親が子どもを殺し、子どもが親を殺す事実を伝えない。生活保護に至った理由を、精神疾患になった理由を伝えない。他人事だと思ってる者が悲惨だと思うことを伝えない。その行為は、この国を平和から遠ざけるだけだ。

 

本来ならばコロナの給付金は、1人あたり50万は渡すべきだった。今からでも遅くはない。ただし『必ず50万を貯金せず、借金返済以外の理由の為に使いきること』を必須条件として。管理できない年齢の子どもは親が受け取るのでは無く、管理できる年齢(小学校高学年あたり)に本人が受け取れるようにする。

 

借金返済に追われているなら自己破産など民事調停する。ただしローン返済などには充てていい。使うのは基本的に国内優先であること。例外として海外留学、海外就労などに使うなら認める。(補足:そうすれば結果的に、自然と国内が潤うことになる、地味にケチるから駄目なままなんだ)寄付に使うのも駄目だ。海外の子どもたちへ寄付する姿勢は素敵だが、それではその国は平和にはならない。

 

途上国などに必要な物はお金ではない。寄付ではない。勿論、過程として必要だが、本来は学校の設置や安全な場所での仕事、農業や産業などその土地柄に合った開拓だ。その国で利益を作りだすことが一番必要なんだ。
可哀想な国ではない、その為の活路を作り出せなかった結果の国だ。(補足:支援は必要だろうけど、あくまで最初の一歩を踏み出すために背中を押す程度でいい。ただただ全てを与えられるだけでは成長できない、変わらない。)

 

戦争=平和とは言ったが、もちろん戦争はするべきじゃない。人殺しなど論外だ。だが、戦争がある事で利益が出るのだろう?それならば、自国内で収益を出せるようにすればいい。国民に『使う前提』でお金を渡す事で結果その国の経済は潤う。戦争をしなくても良くなる。それをしないから、借金を怖がるから、『何かあった時の為に』貯めようとする者がいるから、経済は回らない。何かあってどうしようも無いなら、生活保護を頼ればいい。その為のセーフティーネットだ。最後の救いだ。頼って何が悪い?生活保護を否定する事自体、根本的に間違ってる。(補足:私自身、生活保護を受給する前は生活保護、自己破産=人生の終わりだと思っていた。からこそ申請が限界を超えた時点での遅れたものだった。けれど、そんな考えじゃ救われない。それこそ何のための生活保護なのだろう。)

 

精神疾患も同じだ。未だに偏見が多い。むしろ偏見しかないと言った方が正しいか。罹って仕事ができなくなったところで何が悪い?発達障害を持って生まれて何が悪い?自分が生涯、生活保護に頼らず生きる、精神疾患に罹らないなんて保証どこにある?全部他人事に見てるから否定するんだろう。

 

近年パニック障害についてだけは芸能人が公表するようにもなってきた。けれど、パニック障害が今は『パニック症』に変わったことを知ってる者はどれだけいる?同じく『依存症』という言葉も今は変更されている。メディアが未だに使っているのは、多くの国民が知らないから、知ろうともしないからだ。

 

そして現実として、実の家族間での殺害『未遂』は数多くある。事件に発展しないから誰も知らないだけで。実の親に憎まれ、殺されることがどのくらいの恐怖をもって植え付けられるか想像できるか?そういった隠された者たちの行き場の多くは引きこもり、生活保護精神疾患、自殺、犯罪だ。想像できた上で尚も否定するのならば、当事者として言わせてもらう。貴方も何らかの病を抱えているのだと。精神科へ行くべきなのだと。


例えば生活保護を受給する前の困窮していた私が当時50万を国から支給されたとしたら、そのお金で環境を変える為に転居し、精神科の門を叩いただろう。生活保護に頼らない現在があったかもしれないのだ。人生はそんなことひとつで大きく変わる。生活保護の制度で変えるべきなのは、月々の受給では無く、先ずは最初に50万などの金額を支給することだ。勿論、借金はその時点で精算させる。
ギャンブル、薬物、アルコール等の障害は理由を知った上で適切な措置を取る。

 

この国は、『そこに至った理由』を無視しているのだ。どうして働けないのか、どうして生活保護を受給したのか、どうして精神疾患に至ったと思うのか、そんな事も聞かずに、『生活保護』だと『精神疾患』だと聞いただけで住居を、就労を断る。国が動かないのにどうして弱者が動ける?見ようとしない、聞こうとしない。私の母親と同じだ。

 

年間の自殺者を公表するのならば、自殺者の多い生まれつきなど馬鹿げた結果を発表するくらいなら、自殺者の理由を知ろうとしればいい。理由を知り、自身で最期の実行をすることに同意した上での安楽死を制定すればいい。それだけで自殺者は大いに減る。臓器提供にも繋がって、誰か損する者がいるのか?

 

現実を見ろ、知ろうとしろ、その上で自分なりに考えろ。目を背けるな。そうすれば他人事ではなくなる。本当に平和な国へと変わる日が来る。

 

借金やイジメ程度で自殺するな。精算すればいい、逃げればいい。逃げてもいいんだ。(補足:精神疾患だと『逃げる』という選択肢すら持てないケースがある。それでも私は言う。逃げろ、と。)
結果として生活保護に頼って生きたところで人生は終わらない。

 

 

という、まあ長い文章を書きました。

結果として、私は生き続けてやる。そして、ブログとTwitter、2つのSNSを用いて訴え続ける。少しでもこの狂った狭い世界を変える為に。

ただ、こういうことを考えるとNEWS ZEROからnews zeroへと変わった後、夜会に村尾さんが出られた時に言ってた言葉を思い出す。「櫻井さんは、多くの人に影響を与えられる。だからこそ伝えられることがある。(かなり曖昧だけどこんな感じの言葉だった)」…言わばインフルエンサーの人が語れば多くの人に伝わる。私がその立場だったら、それか代弁してくれる人がいれば良いのだけど、生活保護受給だの、精神疾患があるだのを公表すると、結局は面倒な奴だから関わりたくない、と人はなるのだと思う。絵とか描けないし、訴えられる手段がひたすら文章しかない。のに、語彙力が無い。大した説得力もない。そこが悔しい。そして、それがそのまま、この世界の現実を表している。そんな見方しかされないのだ。

 

因みに、私は今までの人生で人に迷惑かけたり、小6までお菓子の万引きを繰り返したり(小4で一度捕まってるけど警察には引き渡されず親呼び出し)、お金盗んだりはしたけど、そこの罪悪感はかなりあるけど、人を殴るどころか(クラスの男子といつもの様にからかい合うみたいな時に偶々相手が鼻血を出してしまったこととかはある…)、物に八つ当たりして破損させたり(一度試したくてガラケーの逆パカはしてみたことがある)、誰かに対して死ねばいいのにとかすら思ったことないからね?

生育環境は酷かったはずなんだけど、世界平和を望んだり、ハワイに行く機会がもしもあったら間違いなく真珠湾に行くし、なんでだろうな…ここまで追い込まれてもしなかったから、この先も加害者にはならないと思うんだよな……死にたいよりも生まれてこなければ良かった。誰かを殺すくらいなら自殺する。

 

ともかく、このブログでも否定されるばっかりだけど、それでも、叫び続けるしかない。この世界の闇の一部を、地獄を見たものとして、この先も沢山辛いことが待ち受けていて、未来も希望もないけれど、それでも臓器提供もできない形での自殺はしないことを選ぶ。世界から目を逸らすなと、面倒でも向き合えと、そしてどうか、同じような境遇の者に、生きてほしいと。声を上げてほしいと。

生活保護を受給するほど追い込まれてない者に、生活保護受給者を否定する権利は無いのだと。…と言うか、私が自殺を思い止まるような性格してなかったら、普通にその言葉ひとつで自殺してるよ?人殺しとなってたかもよ?コメントで否定されて、昨日過呼吸になるほど泣きまくったんだもの。

 

冷静になった今、否定する。『女性の一人暮らしで下着を外に干さないことが常識』なんてどう考えても間違ってる。盗られる方が悪いのか?被害者が悪いのか?男性が干してるのは非常識なのか?馬鹿馬鹿しい。UBで浴室乾燥しろってか?どうやって?乾燥機買えって?置く場所も金も無いけど??なんで盗られた側が対策しなきゃなんねえんだよ。

確かに女性用の下着の多くは、陰干しを推奨してる。もちろんデリケートな物も確かにあるけれど、そもそも『盗難防止』の意味合いが強いんじゃね?

ついでに言えば盗られたブラの方は、全部ナイトブラだからな??多分盗りやすかったんだろうけど、陰干ししろって?勿論左右は服やバスタオルで囲い、小物干しもタオルや靴下で見えない様にする程度の対策はしてた。隣とのベランダは確かに幅が狭い。隣ならば覗き込めば見えただろう。

 

引っ越しはしたい!!

無理だって分かってるけどしたい!

隣の生活音が聞こえるだけで気持ち悪くなる、男性がより怖くなった。(DV経験あり)もう、基本的に誰も信じられない。サヨナラ、私の外干し人生…ポカポカお日様…布団もシーツも干せない…ってきたらそりゃ引っ越したいだろうよ!!他に方法ねえよ!TwitterでRTした人と全く同じようなシチュエーションだったよ!違うのは誰にも相談しなかったこと。警察にもこの先だって言わないこと。多分証拠ねえし。信用してもらえねえだろうし。

逆に方法あるなら教えてくれ。もちろん付き添い人みたいなのも当たり前にいねえからな。2級の精神障害者手帳舐めんな。それなりに理由があってこうなった。どこかで何か変えてたら今頃正社員として普通に働けてたかもしれない未来。

ほんの少しの違いで人生は変わる。